日本人の便秘の割合

腸

食物繊維のタイプ

日本人の便秘の割合は7人に1人とも言われています。非常に多くの方が悩まされているのが現状なのです。毎日出すことが理想ですが現実では、平均の排便回数は3日に1回が平均値となっているので驚きです。3日1回であっても形状とうに問題がなく腹痛なども伴わない人もいます。腸の長さが長い人はサイクルも遅くなる人もいるからです。しかし便秘が続くと大抵は激しい腹痛が伴いますので、日常生活に不安を抱いている人も少なくないようです。学生であれば通学中、旅行中などに便秘がひどくなってしまったらなどの精神的な不安を感じる人も少なくないようです。日頃の生活習慣を見直し、自分に合った便秘改善方法を探すことが重要なのです。便秘改善薬に頼ることも時には必要ですが、まずは便秘改善することのできる食べ物について勉強し、普段の食生活で気をつけることについて紹介したいと思います。便秘の際には生で食べれる食材をまず選択する事です。栄養を多く残した状態で身体に取り込むことができるからです。昔から言われている便秘に効く代表的ものは食物繊維です。ただ闇雲に食物繊維の多いものを取り込めばよいというわけではありません。便秘のタイプによっても異なってきます。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類が存在し、水溶性は水に溶けるタイプの食物繊維なので善玉菌を増やし便が硬くなりやすい人は水溶性の多い野菜を摂取しましょう。にんじんやキャベツ、トマトが代表的です。不溶性は腸内で水分を吸収しぜん動運動の活性化をしてくれます。便秘や下痢を繰り返す人などは不溶性食物繊維を多くとるようにしましょう。代表的な野菜はごぼうや大豆などです。自分の身体の状態をよく知り便秘改善にむけて努力する事が大事なのです。

Copyright© 2018 便秘改善を図って体元気!【健康食品を普段の食事に取り入れる】 All Rights Reserved.